本文へ移動

当院の分娩の特徴

分娩

LDRシステムを採用しています。LDRとは、Labor(陣痛)- Delivery(出産)- Recovery(回復)の略で、すべての時期を同じ部屋で過ごすことのできる分娩室です。子宮口が開くまで陣痛室で過ごし、陣痛に耐えながら分娩室へ移動する煩わしさや、産後疲れ切っている状態ですぐに次の妊婦さんのために分娩室を空けなければいけないなどという状況は回避したいものです。LDRも全室個室で家庭的で温かい雰囲気のお部屋となっています。緊急帝王切開の際に速やかに施行できるよう、LDRの隣には手術室を設置しています。待機中のご家族の方にもゆっくりと過ごして頂けるラウンジがございます

ハイリスク妊娠の方

以下に該当する方は、より安全な出産のために高次医療施設での分娩をお勧め致します。
  1. 持病(高血圧・糖尿病・てんかん・心臓病など・・・)のある方
  2. 妊娠糖尿病でインスリン治療を要したことのある方
  3. 多胎妊娠(双子・三つ子・・・)
  4. 高度肥満(非妊時BMI>30)の方    BMI=体重(kg)/身長(m)2
その他、「私は大丈夫かしら?」という方は医師に直接ご相談下さい。

立ち会い分娩

立ち会い出産は、妊婦さんの精神的・肉体的苦痛を緩和することを目的とし、赤ちゃんの誕生という大切な瞬間をご家族で分かち合う特別な機会です。
立ち会いには産婦様からの立会希望が前提であり、事前に両親学級を受講していただく必要がございます。
緊急の処置が必要な際や、母児の状態によっては立ち会いをご遠慮いただく場合があります。必ず医師・助産師の指示に従っていただくようお願いいたします。
詳しくは別ページをご覧ください。

母児同室

出産後は、母児同室を支援しています。入院中から赤ちゃんとお母さんが一緒に過ごしていただくことで、赤ちゃんの顔をみてじっくりコミュニケーションをとる事ができます。それにより退院後の育児や授乳に対するお母さんの不安を軽減し、スムーズに生活できるようにするお手伝いをしています。
入院中のお母さんの体調によって、新生児室で赤ちゃんをお預かりする事もできます。
おっぱいケアのご相談や育児に対するケアは、妊娠中から退院後まで柔軟に対応しています。お困りの事がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

家族宿泊

入院されている産婦様・患者様にご家族の方が付き添うことで、心理・身体的サポートとすることが目的です。
特別室のみ家族宿泊が可能です。

お祝いプレゼント

出産された方には、大鳥居医院のロゴのあしらわれたおくるみをお贈りします。
TOPへ戻る