本文へ移動

生理痛

生理痛の薬物治療には、痛み止めの他、

健康保険の適用される低用量ピル(月経困難症治療薬:ヤーズ・ルナベル・フリウェルなど)が使用されます。

年齢によっては子宮内黄体ホルモン放出システム(ミレーナ)を子宮内に留置することもあります。

背景には以下のような病態が考えられます。

  子宮内膜症

  子宮筋腫

  子宮腺筋症

ひどい生理痛の背景には病気が隠れているかもしれません。

生理痛に悩んでいる方は、どうぞ当院へご相談下さい。

 
 
大鳥居医院へのお問い合わせやご質問、
ご相談などございましたらご連絡ください。
 
 03-3741-0118
 
【月.火.水.金】 9:00-12:00 / 15:00-17:00 【木.土】 9:00-12:00 休診日/日・祝日
TOPへ戻る