本文へ移動

出産について

当院での分娩全般に関して

妊娠、出産のほとんどは自然に始まり、安全に終わってしまいます。しかし、妊娠高血圧症候群、胎盤早期剥離、突然の胎児心拍異常や、分娩後の大出血など、頻度は高くないものの、母児の生命に関わる病気が突然起こることもあります。これらはあらかじめ予想することができず、事前にすべてを説明することは困難です。もし起こった場合スタッフは最善の処置を行いますが、緊急性が高いため説明に十分な時間が取れない場合もあります。このような場合、出産状況に関しては事後の説明になることもありますが、何卒ご了承ください。

 

  • 基本的に母児の妊娠経過に異常がない場合、自然分娩(経腟分娩) としています。
  • 陣痛が弱くお産が進まない場合、破水後自然に陣痛が起こらない場合や、分娩予定日を過ぎた場合には、人工的な陣痛誘発を行うことがあります。
  • 分娩経過に異常があれば、吸引分娩や緊急帝王切開を行います。妊娠経過が順調であっても、途中で異常が生じれば帝王切開となる事があります。
  • 夜間、休日の分娩や帝王切開も24時間対応いたします。麻酔は原則、麻酔科標榜医が担当します。手術を行う場合、基本的にはご家族からの同意をいただく必要がありますが、来院までに時間がかかったりもしくは連絡が取れなかったりする場合も考えられます。このような場合、母児の救命を優先し、ご本人様の了承のみで帝王切開を行うことがあります。
  • 早産が予想される場合や、赤ちゃんに外科的処置が必要となる場合、その他当院では対応が困難な場合は、妊娠中から専門の病院へ紹介する事があります。また、出産後に赤ちゃんの病気が判明し、転院となる事もあります。
  • 会陰切開は、分娩を担当する医師の判断で行います。会陰切開に関してご希望があれば、外来などでご相談ください。
  • その他、分娩に関することでご質問やご希望があれば医師、助産師へお申し出ください。

陣痛促進剤使用に関して

陣痛のため入院された後、そのまま順調に分娩になるとは限りません。時に陣痛が弱くなったりして分娩が長時間に及ぶことがあります。この場合、担当医の判断で陣痛促進剤を使用することがあります。促進剤は内服薬、点滴の2種類があります。しかし、薬の効き方には個人差があり、陣痛が弱いままの場合や、逆に陣痛が強くなりすぎる場合があります。陣痛が強すぎると、非常にまれですが「子宮破裂」といって子宮の筋肉の一部が裂ける事もあります。使用に関しては担当医が十分に注意して行います。

分娩誘発・促進については別ページもご参照下さい。

吸引分娩について

妊婦さんや赤ちゃんの状態によっては分娩を急がなければならない場合があります。その方法には帝王切開の他に吸引分娩があります。ただし吸引分娩を行うには、子宮口が全開していることなどいくつかの要約を満たす必要があります。吸引分娩が必要かどうかは事前に予測できず、また処置を急ぐことが多いため、施行に関しては口頭で説明させていただきます。吸引分娩によって赤ちゃんがスムーズに産道から出ることを補助しますが、まれに合併症として、赤ちゃんの頭部に血腫が形成されることもあります。また、産道の傷が大きくなることもあります。

帝王切開に関して

予定帝王切開

前回の分娩の状況や、今回の妊娠経過から、帝王切開がよいと考えられる場合に行います。入院日・手術日は担当医と相談の上決定させていただきます。多くの場合妊娠38週前後に行います。

【適応】

逆子の場合、帝王切開を含む子宮手術後の方、極端に巨大な赤ちゃんが予測される場合など

緊急帝王切開

分娩進行中、あるいは受診時に緊急で帝王切開が必要と判断する場合があります。きわめて緊急性の高い場合、手術を優先させるため事前に十分な説明ができないこともありますがご了承ください。尚、当院の手術室はLDRに隣接しているため、帝王切開決定から児娩出までを速やかに行うことができます。

【適応】

胎児の低酸素血症(旧称:胎児仮死)が疑われる場合、分娩が順調に進まない場合、母児の安全のために最適と考えられる場合など

 

手術の方法

予定帝王切開の場合、当院では基本的に腹部皮膚横切開、子宮下部横切開で行います。緊急帝王切開の場合や、過去に手術で腹部皮膚縦切開を行っている場合は皮膚縦切開で行います。子宮破裂のリスクがあるため、次回以降の分娩は基本的に帝王切開となります。経腟分娩を希望される場合は高次医療機関での分娩が望ましいでしょう。

 

帝王切開について、詳しくは別ページもご覧ください。

大鳥居医院へのお問い合わせやご質問、
ご相談などございましたらご連絡ください。
 
 03-3741-0118
 
【月.火.水.金】 9:00-12:00 / 15:00-17:00 【木.土】 9:00-12:00 休診日/日・祝日
TOPへ戻る