本文へ移動

常位胎盤早期剥離

お腹の中に胎児がいる状態で胎盤が剥がれてしまう病態です。

胎児に十分な酸素が供給されなくなるため、胎児死亡を起こす恐ろしい病態です。

診断が明らかな場合、1秒を争って超緊急帝王切開を行うこともあります。

やっかいなことに、突然起こります。

妊娠中期以降、周期的に起こるお腹の張りや陣痛とは異なる、

持続的な腹痛・性器出血があった場合には

常位胎盤早期剥離かもしれません。

そのような症状があったときは、

当院までご連絡下さい。

日本医療機能評価機構の下記の資料もご参照下さい。

 
 
大鳥居医院へのお問い合わせやご質問、
ご相談などございましたらご連絡ください。
 
 03-3741-0118
 
【月.火.水.金】 9:00-12:00 / 15:00-17:00 【木.土】 9:00-12:00 休診日/日・祝日
TOPへ戻る