本文へ移動

妊婦のスポーツについて

妊娠中のスポーツは妊娠・出産・胎児へ良好な影響を与えますので、積極的に実施していただきたいと思います。ただし下記の原則を守ってください。

  • 妊娠16週以降のいわゆる安定期に入ってから開始。
  • 子宮頸管の状態を観察の上で問題ないと判断されてから開始。
  • 1日30分~1時間程度
  • 有酸素運動が好ましいウォーキング(少し息が上がる位、徒歩よりも強度の高いもの)、水泳、エアロビクス、ヨガなど
  • 競技性の高いスポーツはダメ:球技やラケットスポーツ、武道など勝ち負けを競うものは、意図せずして過剰な負荷を生じ得ますのでやめましょう。
  • ダンベルなど器具を使用したウェイトトレーニング・スキューバダイビング・スカイダイビングもダメ

以下の方・状態ではスポーツは控えましょう。

  • お腹が張ったり出血のある人:安静にしないとダメです。
  • 切迫流産・切迫早産・前置胎盤・低置胎盤を指摘されている人
  • 体調が悪い時
  • 重篤な持病のある人
 

上記の内容には、当院の医師の見解も含まれます。

 
 
大鳥居医院へのお問い合わせやご質問、
ご相談などございましたらご連絡ください。
 
 03-3741-0118
 
【月.火.水.金】 9:00-12:00 / 15:00-17:00 【木.土】 9:00-12:00 休診日/日・祝日
TOPへ戻る